« 優越的地位濫用事件: ロイヤルホームセンター | トップページ | ガンジャンピング問題 »

キャンシステム対USEN民事訴訟

※「株式会社USENに対する損害賠償請求訴訟の和解終結のお知らせ」(キャンシステム報道発表 07/29/2010)
「和解は、USEN社が当社に対し、解決金として20億円を支払うことにより、紛争を解決するというもの」

※民事訴訟において私的独占該当行為を認定(東京地裁判決)
「(株)USENに対する損害賠償請求訴訟の判決について」(キャンシステム報道発表 12/10/2008)

※参考: 公取委による緊急停止命令・勧告
・「株式会社有線ブロードネットワークス及び株式会社日本ネットワークヴィジョンに対する勧告等について」(公取委報道発表 09/14/2004)
違反行為の概要:「2社は,平成15年8月以降,キャンシステム株式会社(以下「キャンシステム」という。)の顧客に限って切替契約の条件として3,675円を下回る月額聴取料又はチューナー設置月を含めて3か月を超える月額聴取料の無料期間を提示するキャンペーン等を順次,実施することにより,集中的にキャンシステムの顧客を奪取した。」(我が国における業務店向け音楽放送の取引分野における競争を実質的に制限)

・「公正取引委員会による緊急停止命令の申立の取下げ及び勧告について」(有線ブロードネットワークス 09/14/2004)
「勧告の内容は、既に当社及び当社代理店が公正取引委員会と協議の上で自主的に確認し遵守している営業条件等と同様のものであり、勧告を応諾することによる当社の事業活動への影響は一切ございません。」

|

« 優越的地位濫用事件: ロイヤルホームセンター | トップページ | ガンジャンピング問題 »