« ユナイテッド航空・コンチネンタル航空 | トップページ | 実態調査報告書:広告業界の取引実態 »

企業結合問題解消措置/パナソニック・三洋電機

【平成21年度主要企業結合事例(事例7)。「本件行為については,公正取引委員会のほか欧州,米国等10 か国・地域の競争当局も,同時期に審査を行った。各海外競争当局は,検討対象市場の地理的範囲については各国(欧州においては,欧州経済地域)として画定しているものの,商品分野については共通点も多いことから,公正取引委員会は,審査当初より,当事会社の了解を得て,欧州及び米国の競争当局との連絡調整を行いつつ,審査した。」と注記されている】

・「パナソニック株式会社および三洋電機株式会社の資本・業務提携契約締結のお知らせ」(両社報道発表 12/19/2008)
「公開買付けにつきましては、国内外の競争法に基づき必要な手続及び対応を終えた後、可能な限り速やかに実施いたします。なお、国内外の競争法当局における手続には一定の時間がかかることが予想されます」
・「
パナソニックによる三洋電機株式の公開買付け実施に向けた進捗状況のお知らせ(続報)」(08/31/09)
「パナソニック及び三洋電機は、本公開買付け実施に向けて、国内外の競争法に基づき日本、米国、欧州、中国、その他各国で必要な手続及び対応を行なっており、一部の国での手続及び対応を完了しています。」
業績予想の修正に関するお知らせ」(三洋電機 09/25/2009)
「公開買付け実施に向けた準備に関連する費用約50億円」
承認 (欧州
パナソニックによる三洋電機株式の公開買付け実施に向けた進捗状況のお知らせ(続報)」(10/29/2009)
「米国及び中国を除く各国において本公開買付けを実施するための手続及び対応を完了いたしました。このうち、中国の競争法に基づく手続につきましては、一定の問題解消措置を講じることを競争法当局に申し出ており、かかる措置を条件とした承認に向けて審査が継続しておりますが、法定の審査期間の終期である本年 11月3日までに結果が得られる見込みです。米国の競争法に基づく手続につきましては、一定の問題解消措置を講じることを競争法当局に申し出ており、現在審査が継続しておりますが、その進捗を踏まえ、本公開買付けの開始を決定の上、速やかにお知らせいたします。」
・「
三洋電機株式会社株式に対する公開買付けの開始に関するお知らせ」(パナソニック11/04/2009):各当局の懸念事項は区々
「(5)競争法上の問題解消措置
当社又は対象者は、当社が本公開買付けにより対象者の株式を取得すること(以下、本項において「本件株式取得」といいます。)にかかる公正取引委員会その他海外の競争法当局による審査の過程で指摘を受けた競争法上の懸念を解消するため、以下の問題解消措置を講じます。
① 民生用ニッケル水素電池に関する問題解消措置
米国連邦取引委員会、中華人民共和国商務部(以下「中国商務部」といいます。)及び欧州委員会の各競争法当局から、本件株式取得にかかる競争法上の審査の過程において、本件株式取得により民生用ニッケル水素電池の商品市場に競争上の懸念が生じるとの指摘を受けたことから、かかる懸念を解消するため、対象者は、FDK株式会社(以下「FDK」といいます。)に対し、民生用ニッケル水素電池に関する事業を行っている三洋エナジートワイセル株式会社(以下「三洋エナジートワイセル」といいます。)の全株式を譲渡いたします。
(中略)
② 円筒形リチウム一次電池及びコイン形リチウム二次電池に関する問題解消措置
公正取引委員会及び欧州委員会の各競争法当局から、本件株式取得にかかる競争法上の審査の過程において、本件株式取得により円筒形リチウム一次電池又はその一種である円筒形二酸化マンガンリチウム電池の商品市場に競争上の懸念が生じるとの指摘を受け、また、中国商務部及び欧州委員会の各競争法当局から、本件株式取得にかかる競争法上の審査の過程において、本件株式取得によりコイン形リチウム二次電池の商品市場に競争上の懸念が生じるとの指摘を受けたことから、かかる懸念を解消するため、対象者は、FDKに対し、円筒形リチウム一次電池(なお、対象者は、円筒形リチウム一次電池のうち、円筒形二酸化マンガンリチウム電池に関する事業のみを営んでおります。)及びコイン形リチウム二次電池を含むコイン
形二次電池に関する事業並びにニカド電池用極板加工に関する事業を行っている三洋エナジー鳥取株式会社(以下「三洋エナジー鳥取」といいます。)の全株式を譲渡いたします
(中略)
③ 車載用ニッケル水素電池に関する問題解消措置
イ 当社の車載用ニッケル水素電池に関する事業の譲渡
中国商務部から、本件株式取得にかかる競争法上の審査の過程において、本件株式取得により車載用ニッケル水素電池の商品市場に競争上の懸念が生じるとの指摘を受けたことから、かかる懸念を解消するための措置の一つとして、当社の車載用ニッケル水素電池に関する事業を第三者に譲渡する予定です。
ロ 当社によるPEVEに関する問題解消措置
中国商務部から、本件株式取得にかかる競争法上の審査の過程において、本件株式取得により車載用ニッケル水素電池の商品市場に競争上の懸念が生じるとの指摘を受けたことから、かかる懸念を解消するための措置の一つとして、当社とトヨタ自動車株式会社との合弁会社であり、車載用ニッケル水素電池の開発、製造及び販売等の事業を行っているパナソニックEVエナジー株式会社(以下「PEVE」といいます。)に関し、PEVEの行う車載用ニッケル水素電池に関する事業に対する当社の影響力を排除するために必要な措置として中国商務部との間で合意したものを実施する予定です。」

・「三洋電機株式会社株式の公開買付期間延長等のお知らせ」(パナソニックプレスリリース 11/25/2009)
「米国連邦取引委員会が、平成21 年2月24 日(現地時間)付で公開買付者に対してセカンドリクエストの通知を行い、第2次審査を実施しており、公開買付者は、その過程において、前記「1.買付け等の目的等」の「(5)競争法上の問題解消措置」記載の問題解消措置を講じることを米国連邦取引委員会に申し出ておりましたが、平成21 年11 月23 日(現地時間)付で待機期間が終了しました。」
・FTC Order Sets Conditions for Panasonic’s Acquisition of Sanyo (米国連邦取引委員会 
報道発表)
・「三洋電機株式会社株式に対する公開買付けの結果に関するお知らせ」(
パナソニック報道発表 12/10/2009)

※追加公開買付
・「
三洋電機株式会社株式に対する公開買付けの開始に関するお知らせ」(パナソニック 07/29/2010)
・「
「三洋電機株式会社株式に対する公開買付けの開始に関するお知らせ」に関する追加開示のお知らせ」(パナソニック 08/23/2010)

|

« ユナイテッド航空・コンチネンタル航空 | トップページ | 実態調査報告書:広告業界の取引実態 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279460/31663632

この記事へのトラックバック一覧です: 企業結合問題解消措置/パナソニック・三洋電機:

« ユナイテッド航空・コンチネンタル航空 | トップページ | 実態調査報告書:広告業界の取引実態 »