« 企業結合第二次審査/東洋アルミ・昭和アルミパウダー | トップページ | 知的財産権濫用事件:GBX工業会(警告) »

企業結合第二次審査/JX日鉱日石エネルギー・三井丸紅液化ガス

【第二次審査へ移行(平成22年度3件目)。】【問題解消措置を前提に承認(01/07/2011)。問題解消措置として「現状を維持する」旨の申出があった事例】

「JX日鉱日石エネルギー株式会社と三井丸紅液化ガス株式会社による液化石油ガス事業の統合に関する第2次審査の開始について」(公取委 09/17/2010)
※審査対象「プロパン元売業(日本全国,各地域ブロック),ブタン元売業(日本全国,各地域ブロック) 」
・地理的範囲は重畳的
※案件の概要「JX日鉱日石エネルギー株式会社は,同社の液化石油ガス事業(同社の 子会社であるジャパンガスエナジー株式会社の当該事業を除く。)を分割し,三井丸紅液化ガス株式会社に吸収させた上で,三井丸紅液化ガス株式会社の株式の取得を行う。」
・複数企業結合形態を包括して審査する模様

※当事者による報道発表「LPガス事業の統合に関する検討の開始について」(報道発表 04/05/2010)
「なお、本件統合については、関係当局の審査を経て行うこととなります。」
第二次審査開始まで約5ヶ月、承認までさらに約4ヶ月

※アンケート
様式(元売業者向け)(卸売業者向け
・文面から、各社の各営業拠点に送付されている模様
・輸入、他地域との競合、競合品、価格交渉力、、、


⇒問題解消措置 (JXホールディングス) (公取委
・地理的範囲は地域ブロック
「卸売業者等は,タンクローリーによる輸送コストの制約から,おおむね地域ブロックごとにプロパン及びブタンを調達している。元売業者は,おおむねCPに基づく価格フォーミュラを採用しているものの,地域ブロックで営業体制を形成しており,元売価格の決定に際しては,当該フォーミュラの改定や元売価格の交渉において,地域ブロックごとの卸売価格市況,小売価格市況,需給バランスを勘案している者もいる。」
・プロパン 北海道ブロックHHI5,600 増分2,400(cf. 東北3,500 1,000)
「北海道ブロックは,本州と陸路で繋がっていないので,需要者は,他の地域ブロックの出荷基地から調達することもできず,地理的に隣接する市場からの競争圧力も働いていない。」
問題解消措置「当事会社は,他の複数の元売業者と消費寄託契約(注4)を締結して,当該元売業者が当事会社の利用する北海道ブロック内の出荷基地を利用できるようにする。
・ブタン 東北ブロックHHI4,600 増分1,600
「当事会社が仮にバーター取引を継続しなければ,本件統合による当事会社の単独行動又は当事会社と競争事業者との協調的行動によって,東北ブロックにおける競争を実質的に制限することとなるおそれがあると判断した。」
問題解消措置「当事会社は,現在,当事会社が保有する東北ブロックの出荷基地からブタンの供給を受けている他の元売業者(以下「取引相手方」という。)から要請があれば,引き続き,取引相手方のブタンに係るバーター取引の現状を維持する。」

|

« 企業結合第二次審査/東洋アルミ・昭和アルミパウダー | トップページ | 知的財産権濫用事件:GBX工業会(警告) »