« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の12件の記事

事業者団体事件

リンク: 予防接種でカルテル排除命令へ NHKニュース.

インフルエンザの予防接種の最低料金を取り決め」「この医師会に再発防止を求める排除措置命令」---1号?課徴金?

|

下請法少額事案

リンク: (平成26年1月30日)大久保歯車工業株式会社に対する勧告について:公正取引委員会.

「総額1119万1521円」

|

(平成26年1月24日)「独占禁止法第11条の規定による銀行又は保険会社の議決権の保有等の認可についての考え方」及び「債務の株式化に係る独占禁止法第11条の規定による認可についての考え方」の改定案に対する意見募集について:公正取引委員会

リンク: (平成26年1月24日)「独占禁止法第11条の規定による銀行又は保険会社の議決権の保有等の認可についての考え方」及び「債務の株式化に係る独占禁止法第11条の規定による認可についての考え方」の改定案に対する意見募集について:公正取引委員会.

公正取引委員会は,今般,「日本再生加速プログラム」(平成24年11月30日閣議決定)及び「日本経済再生に向けた緊急経済対策」(平成25年1月11日閣議決定)を踏まえ,独占禁止法第11条の規制趣旨に照らして金融機関の保有等可能な議決権の割合の上限について適用除外・例外規定の在り方を含め検討を行った結果,11条ガイドライン及び債務の株式化ガイドラインを改定することとし,その改定案を公表し,関係各方面から意見を募集することとしました。

|

新潟県:公正取引委員会に対し、新潟交通圏内のタクシー事業者の独占禁止法違反の審判に関し、要望書を提出しました。

リンク: 新潟県:公正取引委員会に対し、新潟交通圏内のタクシー事業者の独占禁止法違反の審判に関し、要望書を提出しました。.

県では、業界の置かれている窮状を踏まえ、課徴金納付により、タクシー事業者の廃業やそれに伴う従業員の失業を始め、労働条件の悪化が懸念され、地域社会全体にも大きな影響を及ぼす恐れがあることから、公正取引委員会に対し、別紙のとおり要望書を提出しました。

|

日新製鋼株式会社による審決取消請求事件判決(13/12/2013)

「②原告と三和シヤッターとの取引については,黙示的にカルテルの合意から除外したことをうかがわせる特段の事情が存在するから,課徴金の算定の基礎から除外されるべきであり,本件審決の基礎となった事実は実質的証拠を欠いている」「として,本件審決の取消しを求めるものです。」
「②(原告が販売したひも付き取引による建材製品製造業者向け特定カラー鋼板(以下「本件ひも付きカラー鋼板」といいます。)のうち,原告が三和シヤッター向けに販売した本件ひも付きカラー鋼板が,独占禁止法7条の2第1項の「当該商品」に当たるか否か)について,本件審決の判断は,各認定事実の末尾に掲記された証拠等を総合してされたものであるところ,それらの証拠によって各事実を認定したことには,本件審決のその余の判断を併せみれば,経験則,採証法則等に違反する点は見られず,当該判断をすることには合理性があると認められる」

 平成24年(行ケ)第10号 東京高裁判決
 http://snk.jftc.go.jp/JDS/data/pdf/H251213H24G09000010_/131213.pdf

 〔参考〕  平成21年(判)第31号及び第32号 審決
 http://snk.jftc.go.jp/JDS/data/pdf/H240613H21J01000031A/%E5%AF%A9%E6%B1%BA%EF%BC%88%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%A3%BD%E9%8B%BC%EF%BC%89.pdf

|

時事ドットコム:日本精工子会社など立ち入り=鋼球でカルテルの疑い-公取委

リンク: 時事ドットコム:日本精工子会社など立ち入り=鋼球でカルテルの疑い-公取委.

公正取引委員会は21日、独禁法違反(不当な取引制限)の疑いで、大手ベアリングメーカー日本精工(東京都品川区、東証1部)の子会社天辻鋼球製作所(大阪府門真市)など2社を立ち入り検査した。
 他に立ち入りを受けたのは、ツバキ・ナカシマ(奈良県葛城市)。鋼球の国内市場規模は約200億円で、シェアは天辻鋼球とツバキが大部分を占める。2社は海外市場でもトップシェアだという。

|

事前通知受領タイミングで特別損失を計上した例

日本郵船

|

人事、公正取引委員会  :日本経済新聞

リンク: 人事、公正取引委員会  :日本経済新聞.

▽ 公正取引委員会(14日)審査管理官(取引企画課長)山田弘▽企業結合課長(第四審査長)品川武▽取引企画課長(企業結合課長)田辺治▽第四審査長、田中久美子

|

ダイヤモンド電機 、米国カルテルで社長が辞任 | マネーニュース | 最新経済ニュース | Reuters

リンク: ダイヤモンド電機 、米国カルテルで社長が辞任 | マネーニュース | 最新経済ニュース | Reuters.

ダイヤモンド電機 は10日、自動車用点火コイルの販売で米国独占禁止法違反(価格カルテル行為)があったことに伴い、池永重彦社長と池永辰朗副社長が同日付で引責辞任したと発表した。社内調査委員会の報告を受け、本人が申し出たという。

|

海運大手など課徴金220億円=車輸送カルテルで命令へ—公取委 - WSJ.com

リンク: 海運大手など課徴金220億円=車輸送カルテルで命令へ—公取委 - WSJ.com.

「自動車を輸出する際の運賃で価格カルテルを結んでいたとして、公正取引委員会が商船三井、日本郵船、川崎汽船の大手3社(いずれも東京都、東証1部)を含む海運5社の独禁法違反(不当な取引制限)を認定し、総額約220億円の課徴金納付命令と排除措置命令を出す方針を固め、事前通知を始めたことが9日、分かった。 他に違反を認定されたのは、日産専用船(東京都)と北欧に本社がある会社で、」

※今年度中に本命令か

|

公取委事務総長に中島局長が昇格  :日本経済新聞

リンク: 公取委事務総長に中島局長が昇格  :日本経済新聞.

政府は7日の閣議で公正取引委員会の山本和史事務総長(60)が退任し、後任に中島秀夫経済取引局長を昇格させる人事を決めた。経済取引局長の後任には松尾勝官房総括審議官を充てる。いずれも9日付の発令。

 中島 秀夫氏(なかじま・ひでお)78年(昭53年)東大法卒、大蔵省(現財務省)入省。05年7月公正取引委員会官房審議官。審査局長などを経て12年9月から現職。東京都出身、58歳。

 松尾 勝氏(まつお・まさる)79年(昭54年)東大経卒、公正取引委員会へ。官房総務課長などを経て11年1月から現職。長崎県出身、58歳。

※続報
 ▽ 公正取引委員会(9日)官房総括審議官(審査管理官)山田昭典

|

DOJ Antitrust Division Issues Updated Model Annotated Corporate and Individual Plea Agreements | LinkedIn

リンク: DOJ Antitrust Division Issues Updated Model Annotated Corporate and Individual Plea Agreements | LinkedIn.

http://www.justice.gov/atr/public/criminal/302601.pdf and http://www.justice.gov/atr/public/criminal/302600.pdf.

|

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »