« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月の14件の記事

意見募集案件一覧:公正取引委員会

リンク: 意見募集案件一覧:公正取引委員会.

見逃しがちなので備忘としてリンク

|

China: Landmark Tencent, Qihoo antitrust dispute partially resolved - Competition Policy International (CPI)

リンク: China: Landmark Tencent, Qihoo antitrust dispute partially resolved - Competition Policy International (CPI).

Qihoo has lost its appeal of an earlier ruling that it engaged in unfair competition with its rival

|

リテイナーに変化あり? 『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』パッチ2.2&PS4版吉田氏インタビュー+PS4版体験プレイリポート - コネクト!オン.com

リンク: リテイナーに変化あり? 『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』パッチ2.2&PS4版吉田氏インタビュー+PS4版体験プレイリポート - コネクト!オン.com.

──なぜ無理なのでしょうか?
吉田 “一物二価禁止”という原則が日本にだけ存在するのが理由です。PS3で遊べる商品というひとつの価値に、PS4でもプレイできるという新たな価値を後から設定するのは、ひとつの物体にふたつの価値を与える商法に該当してしまうのです。
──つまり、抱き合わせ販売と同じ扱いになるのですか?
吉田 独占禁止法に関連する決まりのひとつです。後付けで価値を持たせることでライバルを排除。自社の商品だけを有利に見せよう……という売りかたを防止するために設けられたルールのようです。

|

中国 米半導体「クアルコム」調査 NHKニュース

リンク: 中国 米半導体「クアルコム」調査 NHKニュース.

国家発展改革委員会は19日、「クアルコムが市場での支配的地位を乱用して、差別的な料金の徴収を行っているという指摘が関連業界や企業からあり、これを受けて調査を始めている」と述べ、去年11月から独占禁止法違反の疑いで、クアルコムを調査していることを明らかにしました。 クアルコムのどのような行為に独占禁止法違反の疑いがあるとされているのかは、具体的に明らかにされていませんが、中国の関連業界団体は、クアルコムに支払う特許料が高すぎて損害を被っているという訴えを当局に提出したと伝えられています。

※「Non Discriminatory」?

|

時事ドットコム:志賀高原スキー場に警告=リフト料金でカルテル-公取委

リンク: 時事ドットコム:志賀高原スキー場に警告=リフト料金でカルテル-公取委.

「リフト券発行や料金をめぐりカルテル」 8①警告
http://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/h26/feb/140219.html

アメリカのような事件

|

独占禁止法審査手続についての懇談会

http://www8.cao.go.jp/chosei/dokkin/kettei.pdf

青柳 馨 日本大学大学院法務研究科教授
今井 猛嘉 法政大学大学院法務研究科教授
宇賀 克也 東京大学大学院法学政治学研究科教授
及川 勝 全国中小企業団体中央会政策推進部長
大沢 陽一郎 株式会社読売新聞東京本社論説委員
川出 敏裕 東京大学大学院法学政治学研究科教授
川島 千裕 日本労働組合総連合会総合政策局長
河野 康子 全国消費者団体連絡会事務局長
榊原 美紀 パナソニック株式会社知的財産センター
渉外・著作権チームリーダー 弁護士
泉水 文雄 神戸大学大学院法学研究科教授
中川 丈久 神戸大学大学院法学研究科教授
舟田 正之 立教大学名誉教授
三村 優美子 青山学院大学経営学部教授
村上 政博 成蹊大学大学院法務研究科教授
矢吹 公敏 弁護士

|

US/Japan: Maritime regulator fines car shipping colluders $1M - Competition Policy International (CPI)

リンク: US/Japan: Maritime regulator fines car shipping colluders $1M - Competition Policy International (CPI).

The US Federal Maritime Commission has reportedly fined Japan-based shipping firm Mitsui OSK Lines and its affiliate Nissan Motor Car Carrier to end an investigation into the companies alleged collusion in violation of US ocean freight regulations.

Reports say the authority settled with MOL, which agreed to pay $1.3 million in fines.

Similar allegations against K Line and NYK lead to fines of $1.1 million and $1.2 million, respectively.


|

純粋持株会社に対する調査

リンク: 初めて純粋持株会社に対する調査を実施しました(METI/経済産業省).

純粋持株会社に対する調査

|

欧州/被買収企業による違反行為に対する制裁金の上限

「On 12 February 2014, Advocate General Wathelet gave an opinion on an appeal by companies in the YKK group against a judgment of the General Court that dismissed their appeal against the European Commission's decision on the fasteners cartel. 」
「The Commission had found that YKK Stockco was solely liable for the infringement, and for the fine imposed, for the period prior to its acquisition by the YKK group. Its new parent companies were found to be jointly and severally liable for the infringement and fine after the acquisition. However, in determining the 10% of turnover upper limit of the fine imposed solely on YKK Stockco, the Commission had erroneously used the turnover of the whole YKK group. Only the turnover of YKK Stockco, the undertaking liable for the infringement during the relevant period, should have been used.」

|

独禁法講義第7版 | 有斐閣

リンク: 独禁法講義第7版 | 有斐閣.

2014年03月下旬予定

|

Arriva the Shires Ltd v London Luton Airport Operations Ltd [2014] EWHC 64 (Ch) (28 January 2014)

リンク: Arriva the Shires Ltd v London Luton Airport Operations Ltd [2014] EWHC 64 (Ch) (28 January 2014).

「Is it necessary for there to be some commercial benefit to be gained by a dominant undertaking from its conduct before that conduct can be condemned as abusive?
No, says Mrs Justice Rose in Arriva the Shires Ltd v London Luton Airport Operations Ltd [2014] EWHC 64 (Ch).
The case involved a claim by Arriva against Luton Airport. Arriva had operated a bus route from the airport to London Victoria for 30 years.
Luton argued there was in this case a complete absence of a competing downstream interest because Luton did not itself operate any coach service.
Rose J rejected these arguments. Of particular interest, she held that the Aéroports de Paris v Commission decision [2000] ECR II-3929 applied not only in the context of discriminatory pricing but also in the context of refusal to supply. Appling it, she held it was not necessary for there to be some commercial benefit to be gained by a dominant undertaking from its conduct for it to constitute an abuse.
However, she did not hold the absence of commercial gain was entirely irrelevant in a Chapter II case, but considered that it “may well be highly relevant” on the issue of objective justification. She reasoned: “[i]f a dominant undertaking can show that it has nothing to gain from refusing to supply a customer, that would support its contention that, as a matter of fact, the refusal was based on an entirely legitimate objective justification – why else would it forgo the sale?”」

|

談合:千葉の建設35社独禁法違反 木箱使い指名通知報告 - 毎日新聞

リンク: 談合:千葉の建設35社独禁法違反 木箱使い指名通知報告 - 毎日新聞.

「公取委幹部は「談合で小道具を使うのは最近では珍しい」と話している。」

|

(平成26年1月31日)関西電力株式会社が発注する架空送電工事の工事業者及び地中送電工事の工事業者に対する排除措置命令,課徴金納付命令等について:公正取引委員会

リンク: (平成26年1月31日)関西電力株式会社が発注する架空送電工事の工事業者及び地中送電工事の工事業者に対する排除措置命令,課徴金納付命令等について:公正取引委員会.

※関西電力分(地中は本局・架空は近畿)

「問い合わせ先
【架空送電工事関係】
公正取引委員会事務総局近畿中国四国事務所第二審査課・第三審査課
電話 06-6941-2638(直通)
【地中送電工事関係】
公正取引委員会事務総局審査局第四審査上席」

|

(平成26年2月3日)千葉県が発注する土木一式工事及び舗装工事の入札参加業者に対する排除措置命令及び課徴金納付命令について:公正取引委員会

リンク: (平成26年2月3日)千葉県が発注する土木一式工事及び舗装工事の入札参加業者に対する排除措置命令及び課徴金納付命令について:公正取引委員会.

(ア) 受注すべき者(以下「受注予定者」という。)を決定する (イ) 受注すべき価格は,受注予定者が定め,受注予定者以外の者は,受注予定者がその定めた価格で受注できるように協力する 旨の合意

※基本合意の簡素化がかなり定着化している

|

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »