« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月の10件の記事

オランダ/企業結合届出基準の改正/世界売上高113.45millionEUR -> 150 million EUR

保険業特別基準は廃止

|

事前通知/新潟タクシー

リンク: 審決案受け、異議申し立てへ|社会|新潟県内のニュース|新潟日報モア.

「審決案は27日付。」
「公取委が11年12月、25社に排除措置命令と総額約2億3千万円の課徴金納付命令を出した。このうち16社が審判を請求し、12年5月~14年1月に計10回開かれた。」

|

官製談合防止法違反容疑:消防車入札からみ丹波市係長逮捕 - 毎日新聞

リンク: 官製談合防止法違反容疑:消防車入札からみ丹波市係長逮捕 - 毎日新聞.

兵庫県丹波市が発注した消防車の入札で、業者に予定価格設計金額)を事前に教えたとして、県警は28日、同市消防署通信第2係長、松尾恒伸容疑者(47)を官製談合防止法違反と公契約関係競売入札妨害の疑いで逮捕した。また、大手消防車メーカー「モリタ」(本社・同県三田市)関西支店営業課係長、水本裕二容疑者(35)を公契約関係競売入札妨害容疑で逮捕した。

端緒「
丹波市では今年1月、消防本部で使用する空気ボンベの購入契約を巡る不正が発覚。市から相談を受けた県警が捜査する過程で、今回の容疑が浮上した。

|

Almuniaスピーチ/Trends and milestones in competition policy since 2010

リンク: EUROPA - PRESS RELEASES - Press release - Trends and milestones in competition policy since 2010.

「Given that this is the last time I will attend your conference before leaving the Commission, I will tell you what – in my view – are the more significant trends and milestones in competition policy with a focus on matters of interest to US companies.」

|

知的財産高等裁判所平成26年(ネ)第10006号、損害賠償請求控訴事件

平成26年(ネ)第10006号、損害賠償請求控訴事件

知的財産高等裁判所 平成26年5月29日

「本件は,控訴人が,被控訴人扶桑社の出版する原判決別紙書籍目録記載の書籍(以下「本件書籍」という。)の表紙,帯及び本文には,その品質及び内容について誤認させるような表示をした部分があるから,本件書籍の出版は不正競争防止法(以下「不競法」という。)2条1項13号所定の不正競争及び平成17年法律第87号による改正前の私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(以下「独禁法」という。)2条9項所定の不公正な取引方法(一般指定8項のぎまん的顧客誘因)に該当し,被控訴人らによる共同不法行為を構成すると主張し,」

「控訴人の請求をいずれも棄却した原判決は相当であり,本件控訴は理由がないからこれを棄却することとし,主文のとおり判決する。」

|

第170回 消費者委員会本会議

議事録
http://www.cao.go.jp/consumer/iinkai/2014/170/gijiroku/__icsFiles/afieldfile/2014/09/12/140826_gijiroku.pdf

|

中国/(訳文)中国国家発展改革委員会,日系事業者が自動車部品及びベアリングの価格カルテルを行っていたとして,総額12億3540万元の制裁金を賦課

リンク: 海外当局の動き:公正取引委員会.

中国国家発展改革委員会(NDRC)は,日系事業者12社が自動車部品及びベアリングの価格カルテルを行っていたとして,自動車部品メーカー8社に対し8億3196万元,ベアリングメーカー4社に対し4億344万元,総額12億3540万元の制裁金を賦課した旨公表した。
 中国国家発展改革委員会が審査したところ,日立オートモーティブシステムズ株式会社(以下「日立オートモーティブシステムズ」という。),株式会社デンソー(以下「デンソー」という。),愛三工業株式会社(以下「愛三工業」という。),三菱電機株式会社(以下「三菱電機」という。),株式会社ミツバ(以下「ミツバ」という。),矢崎総業株式会社(以下「矢崎総業」という。),古河電気工業株式会社(以下「古河電気工業」という。)及び住友電気工業株式会社(以下「住友電気工業」という。)の日系自動車部品メーカー8社は,2000年1月から2010年2月までにかけて,競争を回避しつつ,最も有利な価格で自動車メーカーから受注するため,日本においてバイ又はマルチの会合を頻繁に行い,価格を互いに相談し,数回にわたって発注オファーに関する協定を締結するとともに実施してきた。当該価格カルテルは,中国市場に関係するものであり,受注した製品には,スターターモーター,交流発電機,燃料セーバー,ワイヤーハーネス等13品目が含まれており,ホンダ,トヨタ,日産,スズキ,フォード等の20以上の車種に用いられている。
 株式会社不二越(以下「不二越」という。),日本精工株式会社(以下「日本精工」という。),株式会社ジェイテクト(以下「ジェイテクト」という。)及びNTN株式会社(以下「NTN」という。)のベアリングメーカー4社は,2000年から2011年6月までにかけて,日本においてアジア検討会を開催し,上海における輸出市場会議の開催を手配するなど,アジア地域及び中国市場におけるベアリングの値上げの方針,タイミング及び幅について検討し,値上げの実施状況について意見交換を行った。4社は,中国国内においてベアリングを販売する際,アジア検討会,輸出市場会議で談合した価格又は互いに交換した値上げ情報を参考にしつつ,値上げを実施した。
 自動車部品メーカー8社及びベアリングメーカー4社は,自動車部品及びベアリングの価格に関する協定を形成するとともに,これを実施し,中国独占禁止法規定に違反する疑いがあり,市場競争を排除・制限し,中国における自動車部品,完成車及びベアリングの価格に不当な影響を与え,下流メーカーの合法的権益及び我が国の消費者の利益を損ねた。2つの事案については,事業者が数回にわたって価格協定を形成するとともに実施し,違法行為は10年以上にわたり,違法行為の態様が重大であるため,国家発展改革委員会は,法律にのっとって厳重に処罰するとともに,自ら進んで重要証拠を提出した事業者については,中国独占禁止法における軽減又は処罰免除規定を適用した。
 自動車部品カルテル事件に対する処罰決定は以下のとおりである。[1]最初に自ら進んで独占的協定の形成に関する状況を報告するとともに重要な証拠を提供した日立オートモーティブシステムズについて,処罰を免除する。[2]二番目に自ら進んで独占的協定の形成に関する状況を報告するとともに重要な証拠を提供したデンソーについて,前年度売上額の4%に当たる1億5056万元の制裁金を賦課する。[3]一品目しかカルテルを行っていない矢崎総業,古河電気工業及び住友電気工業について,前年度売上額の6%に当たる2億4108万元,3456万元,2億9040万元の制裁金をそれぞれ賦課する。[4]二品目以上の製品においてカルテルを行った愛三工業,三菱電機,ミツバについて,前年度売上額の8%に当たる2976万元,4488万元,4072万元の制裁金をそれぞれ賦課する。
 次に,ベアリングカルテル事件に対する処罰決定は以下のとおりである。[1]最初に自ら進んで独占的協定の形成に関する状況を報告するとともに重要な証拠を提供した不二越について,処罰を免除する。[2]二番目に自ら進んで独占的協定の形成に関する状況を報告するとともに中国市場に関係する全ての証拠及びデータを提供した日本精工について,前年度売上額の4%に当たる1億7492万元の制裁金を賦課する。[3]2006年9月にアジア検討会から脱退したが,引き続き中国輸出市場会議に出席していたNTNについて,前年度売上額の6%に当たる1億1916万元の制裁金を賦課する。[4]中国だけを対象にして輸出市場会議を開催することを提案したジェイテクトについて,前年度売上額の8%に当たる1億936万元の制裁金を賦課する。
 なお,本件に関わった事業者は,是正措置を提出した。一つ目として,中国の法律にのっとって販売政策及び販売行為を是正する。二つ目として,全従業員を対象に,独占禁止法の研修を行い,従業員の行為が中国の法律上の要求に符合することを確保する。三つ目として,実際に今までの違法行為の結果を解消し,自ら進んで競争秩序を守るとともに,消費者の利益に資するようにする。
 国家発展改革委員会は,本件審査過程において発見したその他の違法行為について引き続き調査し,公平な法律執行を確保し,公平な市場競争秩序を守り,経営者及び消費者の合法的権益を保護し,経済社会の発展のために良好な環境を創造していく所存である。

|

(平成26年10月7日)平成25年度公正取引委員会年次報告について:公正取引委員会

リンク: (平成26年10月7日)平成25年度公正取引委員会年次報告について:公正取引委員会.

「総額302億4283万円の課徴金の納付を命じた」

|

公正取引委員会幹部候補育成課程実施規程:公正取引委員会

リンク: 公正取引委員会幹部候補育成課程実施規程:公正取引委員会.

公正取引委員会幹部候補育成課程実施規程

「平成26年度における課程における育成の対象となるべき者の選定については,第7条の規定にかかわらず,80人を超えない範囲の人数を選定するものとする。」

|

備蓄米の保管業者決める入札が0円や1円に NHKニュース

リンク: 備蓄米の保管業者決める入札が0円や1円に NHKニュース.

政府の備蓄米の保管業者を決める一般競争入札について、会計検査院が調べたところ、0円や1円という金額での入札が続いていたことが分かりました。
業者は、落札したあとに保管業務にかかる経費などの名目で国と個別に契約して利益を確保しているとみられ、会計検査院は透明性の低い入札方法だと指摘しています。

|

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »