« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月の12件の記事

廉売/会員制量販店との対抗廉売

リンク: ガソリン安売り激化1L85~87円…他店悲鳴 (読売新聞) - Yahoo!ニュース.

「安売り競争の火付け役は、今月18日に「地域最安値」をキャッチフレーズにオープンした米国の会員制量販店「コストコ中部空港倉庫店」のGSだ。レギュラー1リットルあたり115円で売り出したところ、前日まで117円で販売していた近くのGS「ユニーオイル常滑りんくうSS」が対抗値下げに踏み切った。

 ユニーオイルを経営する石油販売業「バロン・パーク」(愛知県半田市)は「安売王が長いことウチの看板だ」(統括部長)と互いに一歩も譲らない値下げ合戦に突入し、翌19日にはいずれも100円を下回った。

|

意見聴取通知/北海道カントリーエレベータ

リンク: 農業機械の6社 談合で課徴金7億円近く NHKニュース.

「各社は北海道のJAや自治体が発注したカントリーエレベーターと呼ばれる穀物の大型貯蔵施設の入札で遅くとも4年前から事前に落札業者を決めるなどの談合を繰り返していた疑いがあるということです。」

|

日台競争法了解覚書

リンク: 台湾との窓口 公益財団法人交流協会 東京本部: お知らせ: ◆【記事資料】「公益財団法人交流協会と亜東関係協会との間の競争法適用に関する了解覚書」(略称「日台競争法了解覚書」).

本覚書は、日本及び台湾における競争法(独占禁止法)の効果的な執行に貢献することを目的として、競争法適用における通報、情報交換、執行調整等について、必要な関係当局の同意が得られるよう両協会が相互に協力すること等が明記されています。

|

総務省と公取委(携帯通信)

リンク: "携帯料金下げ"第4回会合、"販売奨励金"規制で「独禁法」との関係が議論に | マネー | マイナビニュース.

最後に高市大臣は、「公正取引委員会との関係も含めて、踏み込んだ議論をしてもらって感謝している。私からは、MVNOサービスの低廉化につながるように、加入者管理機能の開放についての事業者間協議のさらなる促進を図るということで、パブリックコメントを行いたい」との方針を示した。

|

景品表示法(課徴金)パブリックコメント

リンク: パブリックコメント:意見募集中案件詳細|電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ.

「事業者は、自らが行った表示について本法第8条第3項の規定により優 良誤認表示であると「推定」された場合には、資料提出期間経過後であっ ても、当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す新しい資料を提出し、 当該表示が優良誤認表示には該当しないことを主張することができる。 なお、合理的な根拠を示す資料の提出要求は、上記のとおり課徴金納付 命令に関して行われる場合のほか、本法第7条第2項により、同条第1項 による命令(措置命令)に関して行われる場合がある。かかる場合におい て、当該資料の提出要求を受けた事業者が当該資料を提出しないときは、 消費者庁長官が当該表示について実際のものとは異なるものであること等 の具体的な立証を行うまでもなく、当該表示は優良誤認表示とみなされる (本法第7条第2項)。 本法第7条第2項と本法第8条第3項は、表示の裏付けとなる合理的な 根拠を示す資料の提出の求めを受けた事業者が当該資料を提出しないとき に、優良誤認表示であると「みなす」か「推定する」かという効果の点に おいて異なるが、その他は同様である。 」

|

パブリックコメント:意見募集中案件詳細|電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ

リンク: パブリックコメント:意見募集中案件詳細|電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ.

|

米国/Waiver of Inadmissibility

http://www.justice.gov/opa/file/794006/download

|

韓国独禁法専門家のミャンマーへの派遣

リンク: 상세 | 보도 | 공정위소식 | 공정위뉴스 | 공정거래위원회.

file:///C:/Users/kxh18/Desktop/151118%2528%EC%B0%B8%EA%B3%A0%2529%EB%AF%B8%EC%95%88%EB%A8%80+%EC%9E%90%EB%AC%B8%EA%B4%80+%ED%8C%8C%EA%B2%AC_%EB%B3%B4%EB%8F%84%EC%B0%B8%EA%B3%A0%EC%9E%90%EB%A3%8C%20(1).PDF

|

EU/予断に基づく調査

リンク: Decision of the European Ombudsman in the inquiry into complaint 1021/2014/PD against the European Commission»European Ombudsman.

The Ombudsman held that some of the public statements made by the Commissioner could reasonably be perceived as suggesting that the Commission or the Commissioner had already decided the outcome of the on-going investigation and that this constituted maladministration. The Ombudsman made a recommendation which the Commission has for the most part acknowledged. The Ombudsman thus closed the case with a finding of maladministration arising from the former Commissioner's public statements from 2012 and 2014.

|

TPP/競争章

http://www.mfat.govt.nz/downloads/trade-agreement/transpacific/TPP-text/16.%20Competition%20Policy%20Chapter.pdf

「CHAPTER 16 COMPETITION POLICY」

「Each Party shall authorise its national competition authorities to resolve alleged violations voluntarily by consent of the authority and the person subject to the enforcement action. A Party may provide for such voluntary resolution to be subject to judicial or independent tribunal approval or a public comment period before becoming final.」

|

日本におけるリバースペイメント

リンク: 平成27年10月7日付 事務総長定例会見記録:公正取引委員会.

「(問) 今の医薬品のお話で,日本ではまだこういった問題は起こりにくいとおっしゃったのは,なぜでしょう。

(事務総長) 資料の1ページ目に書いてありますように,この報告書は,学者の先生方と,それから我々の職員が三者協働の報告書としてまとめられたわけですが,そこでは今御質問の,なぜ日本で「リバースペイメント」のような事態が当面は発生しないのではないかという理由といたしましては,お手元の資料の2ページ目にありますように,我が国の医療用薬品市場における特徴的な制度というのが書かれてあります。まず薬価制度があるため,欧米のように消費者(患者)向け市場において直接的な価格競争が行われているわけではありません。
 それから2つ目が,パテントリンケージ及び事前調整ということで,欧米では,先発医薬品メーカーがジェネリック医薬品メーカーに対して提起する特許侵害訴訟による事業者間の解決が前提とされているわけでありますが,日本では先発医薬品の有効成分に特許が存在する場合には,ジェネリック医薬品の製造販売承認がなされないというパテントリンケージの考え方が採られておりますし,先発医薬品メーカーとジェネリック医薬品メーカーとの間で特許上の問題の有無を確認し,その結果を厚生労働省に報告するということになっております。このような我が国独特の制度というのが一つあります。
 更に,この市場構造に関する分析で,これは背景にはいろいろとありますが,経済分析の結果,日本ではアメリカ等と異なりまして,ジェネリック医薬品の参入後もジェネリック医薬品間の価格競争に比べまして,先発医薬品とジェネリックとの間の価格競争が限定的であるという結論が出ております。

 それから,アメリカではよく言われるのが,医薬品認証制度についての特別な法律,「ハッチ・ワックスマン法」が定められていることです。これは,最初にジェネリック医薬品で承認申請を行って,当該ジェネリック医薬品が先発医薬品の特許権を侵害しないということを自ら証明したジェネリック医薬品メーカーに対して,そのジェネリック医薬品について180日間の独占販売期間を与えるというものです。日本の場合はこういう制度はありませんので,複数のジェネリックメーカーが同時に参入しようとするということがあります。アメリカの場合は誰に対して訴訟していけばいいのかが明らかになるという事情がありますが,日本にはそのようなものはないという,以上のようなことが背景にありまして,今この報告書で結論として,現在の我が国の制度,市場構造の下では欧米のような「リバースペイメント」のような問題は比較的発生しにくい環境にあるとまとめられていると思います。」

|

中国/日本公取委との覚書(発展改革委員会)

リンク: 平成27年10月14日付 事務総長定例会見記録:公正取引委員会.

「(問) この関係,今回,国家発展改革委員会との間での覚書ということですが,中国の場合,この発展改革委員会以外にも独占禁止政策に関わっている当局があろうかと思いますけども,これらとは同じような覚書を締結することになるのでしょうか。

(事務総長) この前の7月のときにも申し上げたと思いますが,中国には今,おっしゃられましたように,3つの当局,国家発展改革委員会のほかにも,商務部と国家工商行政管理総局があるわけでございます。国家発展改革委員会のほかの2つの当局に対しましても,同じように協力関係を具体的に構築していくために,覚書の締結を働きかけているところでございますが,3つの中で,まず国家発展改革委員会との覚書が最初にこういう形として現われたということでございます。

 残りの2つの当局についても,引き続き働きかけていきたいと考えております。」

|

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »